オフェンス1本

ポケモンとかイベントとか

クソ記事 性欲の道

僕がこんなにも性欲の王になり

射精に溺れ、さらなる快楽のために握力まで鍛えだしたかを書き留めました。


小学4

我が家に新たなパソコンが来たことによる

性知識の理解が早まる。

この頃から2chROM勢だったのでそこかしこに性情報が存在した。


小学5

うつ伏せで寝ると陰茎がベットに触れると気持ちがいいことが判明。これが床オナと知るのはもう少しあとのことである。


小学6

同級生の成長の早い女の子の胸チラを毎日見て床オナを知らず知らずにしていた。

そして遂に精通。さらなる快楽を達成することが出来た。


中学1

バスケ部に入部したことによる陽キャアドバンテージにより彼女ができる。しかしその子は純粋だったのでそれを汚すわけにはいかなかったのでずっと床オナをしていた。


中学2

なんとなく学年が進み別れてしまった。

ここから手コキというものを知る。


中学3

受験だったがオナニーは欠かさなかった。

この辺で童貞を捨てる。

僕が国語だけ出来て数英出来ないのはたぶん過剰オナニーのせい。


高校1

私服OKピアスOKの学校に入学。

そのためJKの生胸チラが多発しておりおかずだらけだった。部活を帰宅部兼軽音楽部だったので陰キャの道を進む。


高校2

握力が50の大台に乗る。

僕の体格的にはこれが精一杯だが諦めきれずさらなる快楽を求め握力を鍛える。


高校3

詰め詰めで勉強していた。

が、射精は止まらない🏃

第一志望落ちました。

マジで受験生はオナニーに勝ってください。


お風呂寝っ転がりママプレイをハマる。

解説するとお風呂で寝っ転がり手コキしながら「ママっママぁ!!」とか言うやつです。


おっぱい。